転職面接テクニック

【エンジニア転職】企業選びの大切なポイントは3つあります

こんにちは、松本忠季です。

エンジニア市場は継続して人材不足が続いており、転職がしやすい業界として人気が集まっています。

エンジニアとして転職を成功させるためには、企業の選び方が大変重要になってきます。

「自分がしたいことがちゃんとできるのかな?」

「転職先の企業ではどんな仕事に携われるのだろう?」

そんな疑問をお持ちの方に、エンジニア転職するための正しい企業の選び方を解説していきます。

 

自分に合った転職先を見極めるために必要な3つのこと

その① 開発の実務ができるのかを確認しよう

 

エンジニア採用で未経験向けの求人というのは、探してみると求人数も多く充実しています。

しかし気をつけていただきたいのが、開発ができない求人募集が多いということ。

実際に入社してみると、ブログの運用やバナー修正の仕事だった、ということも少なくありません。

開発を任せてもらえる会社なのかを、しっかりと事前に確認しておきましょう。

 

その② 自社サービス系や受託開発企業を探そう

自社サービス企業や受託開発企業を探すと、開発をメインで携わることができます。

そういった企業では、顧客のニーズにマッチした先進的な開発を行っている企業が多いです。

このような企業で実務経験を積んでスキルを積んでいけば、それ以降は仕事を選べる立場になっていきます。

ハードルは少々高いですが、できる限り自社サービス系や受託開発企業を優先して探すと良いでしょう。

 

その③ エンジニア派遣をやっているかどうかを確認しよう

 

未経験向けの求人の中には、エンジニア派遣を行っている企業が数多くあります。

そういった企業では、基本的に客先常駐という仕事スタイルになりますので、開発の仕事ができるという保証はありません。

監視作業やテスターなど、開発に携われない仕事を振られるケースもあります。

エンジニア派遣を行なっている会社なのかどうか、選考に入る前にホームページでしっかり確認をしましょう。

 

まとめ

事前にしっかり情報を調べた上で転職活動をすることで、ミスマッチのない転職が実現できます。

入社してから、「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、企業選びのコツを参考にしながら活動してみてくださいね。

関連記事