新卒

介護職への転職ってどうなの?失敗しない転職のポイントをまとめました。

こんにちは、松本忠季です。

近年、転職市場で人気の職種のひとつに介護職があります。

体力的にも精神的にもハードなイメージではありますが、その分やりがいも大きい仕事として注目されています。

今回はそんな介護のお仕事をしてみたい方に、良い転職先を見極めるポイントと転職を成功させるための秘訣をご紹介していきます。

 

事前リサーチが成功の鍵!優良事業者を見極めるポイント

 

他職種から転職する場合、事業所の規模や職場環境を事前に調べておくと、より失敗のリスクを軽減することができます。

優良事業所であるかどうか見極めるためのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

施設の「売り」は明確か?

「業界大手の法人が運営している」や「自宅にいるような安心感を提供しているアットホームな施設です」など、その施設の「売り」が一体何なのかを理解することが大切です。

また、その「売り」を実現するために運営側がどんな努力をしているのかまでを熟知しておくと、法人や施設への信頼をより強いものにすることができますよ。

 

人材育成に力を入れているか?

自分のキャリアを伸ばすことができるのかどうか、転職する上で何よりも大切なことですね。

一般学生を積極的に採用している事業者は、しっかりとした研修制度を整えている場合が多いので、ひとつの見極めポイントになります。

入職後のフォロー面だけでなく、段階的にどんなステップアップができるのかまでしっかり確認しておくと良いでしょう。

 

転職成功するための秘訣

 

資格は先に取っておいたほうが良い

働きながら資格取得するという道もありますが、実際に現場で働いて毎日ハードワークをこなしていると、勉強する時間が確保できないというのが現実

また、あらかじめ資格を取っておけば選べる求人の幅が増えます。

介護福祉士やケアマネージャーなど難易度の高い資格は、まさに引く手あまたという状況。

お金と時間に余裕があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

 

施設見学は必須!

入職を決める前に、必ず一度は施設や事業所の見学に行くことをオススメします。

施設に清潔感はあるか、利用者の方はイキイキと生活されているか、働くスタッフは疲れ切っていないかなど、入職後のギャップを防ぐためにも実際に職場を見る価値は大いにあります。

また、職場見学を断ってくるような施設でしたら要注意です。

 

まとめ

介護業界への転職を成功させるためには、事前リサーチが必須です。

自分だけでは情報が集まらないという場合には、プロの転職エージェントや紹介会社を利用してみるのもいいですよ。

関連記事