新卒

転職回数の多さは不利か?その実態と内定獲得のコツ

こんにちは、松本忠季です。

このブログを見てくださっている読者の中には、過去に何度も転職を経験したことがある人も多いはずです。

転職回数が多いと採用に悪影響が出るのでは?と不安を感じていませんか?

今回は、転職回数が与える影響の実態と、採用されるためのコツをご紹介していきます。

 

転職回数は少ない方がいい?3つの実態を解説!

その1. 転職回数の重要性は男女で違う!

男性と女性では転職回数を採用の判断基準にするかどうかが違います。

男性の場合、2回以上の転職だと多いと捉えられてしまうようです。

一方で女性は、結婚や出産といったライフスタイルの変化があるため、転職回数よりも現役を引退してから復帰するまでのブランク期間が注目される傾向にあります。

その2. いかに会社に利益をもたらしてくれるかで判断される!

採用する側は、できるだけ長くあなたに働いて欲しいと考えているのと同時に、将来的には会社へ利益をもたらしてくれる人材を求めています。

転職回数の多い人は、利益を生む前に辞めてしまうのではないかと不安になる企業も少なくありません。

その3. 転職回数が多くても企業が欲しい人材とは?

転職者の年収や離職理由はどの企業も気になるところですが、それ以上に転職という経験を通して何を得ることができたのかを評価します。

転職を重ねるごとに成長してスキルアップしている人材だと判断されれば、転職回数は関係ないようです。

 

転職回数が多い人が内定を獲得するためのコツ

転職理由を明確にしておくこと

転職回数が多い人と少ない人が同じスキルで同じくらい好印象だった場合、どちらを採用したいと思いますか?

明らかに後者ですよね。

そんな時に勝敗を決めるのは、信念を持って転職したという意思を伝えること。

前向きな転職理由であることを伝えられるよう、しっかり準備しておきましょう。

転職回数を偽らないこと

どうせバレないだろうと甘く考えて転職回数を偽ると、大きな代償を払うことになります。

履歴書などの応募書類に嘘の記述をし、それが発覚してしまった場合、民法上の不法行為に該当する可能性があります。

あなたの人生を台無しにし兼ねませんので絶対にやめましょう。

競争率の低い業界・職種を選ぶ

深刻な人材不足となっている業界はいくつもあります。

まずは未経験でも雇ってもらえるような転職先を探すのも手ですよ。

そこでキャリアを積んで資金を作り、将来独立するという選択肢もあります。

 

転職回数が多いことは不利じゃない

あなたが転職によって経験してきた挫折や苦労は決して無駄ではありません。

むしろ転職回数が多いことを武器にするべきです。

先へ進むことをためらわずに、まずは行動してみましょう。

 

関連記事