転職面接テクニック

【面接で自己紹介をする】転職の面接で好ましい自己紹介のやり方とは

こんにちは、松本忠季です。

まだまだ転職は賭けであるという認識を持っていたくなる社会情勢ですから、やるなら失敗したくないなと思う方も多いのではないでしょうか。

そのことから、面接に挑む際に考える案として、何とか結果に結び付けるために頑張ろうとし過ぎているものや、逆に欠点を何一つ見せない状態にしなければという目線で小さくまとめ過ぎる内容を考えがちです。

しかし、そのようなことは必要ありません。

面接で自己紹介をする時の話し方

もっと面接官にありのままを見せるつもりで自己紹介をしてみましょう。

転職ということであれば、新卒よりもよりきちんと大人として見られます。

それならば、全くこれまでと関係のなかったものから何か頑張って吸収し、自分を作っていくことよりも、これまでの流れを大切にし、発展させていくことで新しい挑戦をするという考え方が優位です。

またその中で、担当の他人を信頼し、身を任すところは任せられるという考え方も身に着けているはずとも思われがちです。

従って、あまり完璧主義になり過ぎずに、本当に今の自分そのままを見せてみて、その上で頑張って話をしてみるのが良いです。

面接で自己紹介をする時の注意点

覚えておくべきと語られる面接の王道パターンとして、自分から意欲的にアピールするというのがありますが、それをやり過ぎないことは特に注意しておくといいかもしれません。

本来上の人に向かって聞かれもしないのに自分から喋りすぎるのは不躾に当たります。

主導権を握ろうとするのも同じです。

そのような普通に考えて良くないイメージのことというのは、もちろんマイナスポイントとして厳しく見られています。

会社の面接だから何か特殊であるという先入観を持たずに、普通の考えられる努力をしてみましょう。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【祝い金最大40万】薬剤師の転職におすすめな転職サイトとは?こんにちは、松本忠季です。 今日は薬剤師におすすめな転職サイト「ジョブデポ」をご紹介したいと思います。 あなたは自分の転職に...
あわせて読みたい
就活サイトは複数登録したい。LINEで選考会応募ができるdigmeeとは?こんにちは、松本忠季です。 新卒の方々は、就活にどのようなサイトを使っているでしょうか。 おそらく、リクナビ マイナ...
あわせて読みたい
未経験からでもIT職に転職する方法こんにちは、松本忠季です。 あなたはIT職に転職してみたいと思ったことはありませんか。 「未経験だからどんなのか分か...
関連記事