転職面接テクニック

「よくある質問」なんて気にしなくても大丈夫!シンプルな面接必勝法

こんにちは、松本忠季です。

就職試験やアルバイトの面接、少し特殊な場合だとオーディションなど、様々な場面で出くわす「面接」を苦手だと思っている方は多いのではないでしょうか。

対策を練ったり練習を重ねたり、よくある質問に対する答えをあらかじめ用意したりとかなりガチガチに構えて面接に挑む方が多い印象があります。

そういったハウツー本も多く売られていますよね。

もちろんそういった備えが必ずしも必要ではないという訳ではありませんが、全ての準備を万全にしたからと言って合格できるとは限りませんし、逆に面接官に悪印象を与えてしまう場合もあると筆者は考えています。

何のために面接をしているのか

そもそも何のために面接を行っているのか…それは「一緒に仕事をする人」を選ぶため、ですよね?

相手に「この人に会社に来てほしい」「一緒に働きたい」と思ってもらえればいいのです。

面接中は「会話」をしていることを意識する

そのために必要なことは本に書いてあることやよくある質問に対する答えを丸暗記するのではなく、相手と目と目を合わせてしっかり「会話」をすること。

聞かれたことに対して、相手の目を見てハキハキと自分のことを話せばいいだけです。

それだけでうまくいく確率はかなりあがるはず。

丸暗記したことをそのまま喋ろうとしても相手に伝わらないだけではなく、会話をしている感じがないため一人喋りになってしまいがち。

そうなると相手を置いてけぼりにしてしまい逆効果なので、面接は会話であることを忘れずに挑んでみましょう。

面接前に「よくある質問」の回答を準備しておくべき

ですがよくある質問というものが存在していることは間違いないので、どんな質問をされても答えられるよう、自分を客観視しておくことも大切です。

自信がない場合は紙に書いて自分自身のことを振り返ってみてもいいかもしれません。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【祝い金最大40万】薬剤師の転職におすすめな転職サイトとは?こんにちは、松本忠季です。 今日は薬剤師におすすめな転職サイト「ジョブデポ」をご紹介したいと思います。 あなたは自分の転職に...
あわせて読みたい
就活サイトは複数登録したい。LINEで選考会応募ができるdigmeeとは?こんにちは、松本忠季です。 新卒の方々は、就活にどのようなサイトを使っているでしょうか。 おそらく、リクナビ マイナ...
あわせて読みたい
未経験からでもIT職に転職する方法こんにちは、松本忠季です。 あなたはIT職に転職してみたいと思ったことはありませんか。 「未経験だからどんなのか分か...
関連記事