面接

【合格フラグを見逃すな!】面接試験において見られる好印象なサイン

こんにちは、松本忠季です。

就職活動や転職活動を行っている際、採用試験の1つとして行われるのが人事担当者などと直接的に対面し行われる面接試験です。

合格フラグとは

通常は面接試験を受けた上で後日届く通知により合格の判断を知る事になりますが、面接を受けている最中から既に合格であると理解できるサインを担当者から受け取れる場合もあります。

そのような面接を受けている最中から合格であると判断できるサインの事は合格フラグと呼ばれており、様々なフラグがある中でも多く見られるのは面接の時間です。

面接の時間に見られる「合格フラグ」を解説

多くの方が応募し試験を受ける企業では30分もしくは1時間というように予め1人あたりの時間が決められている事例が多いですが、1人あたりの時間を目一杯要した場合は、担当者が試験を受けている方に対して魅力と好印象を受けている証拠です。

担当者が試験を受けている方に対し、さらに強い魅力を抱いている時に見られるフラグは、入社した際に得られるメリットについて触れてお話をする様子です。

企業としての魅力がある点の他に、面接担当者が入社したきっかけなどをお話した際にはヘッドハンティングと変わらないため、フラグの中でも特に合格を意識できます。

会食の場に招待されたら完全な合格フラグ

同様に企業側が面接試験を受けている方を採用したいという場合に見られるフラグが、面談という枠組みを超えてコミュニケーションを取る場にお誘いされる事です。

具体的には会食の場に招待されるといった様子であり、時間などに大きく左右されずより一層深い話をしたいという表れなので、合格であると認識して問題がありません。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【祝い金最大40万】薬剤師の転職におすすめな転職サイトとは?こんにちは、松本忠季です。 今日は薬剤師におすすめな転職サイト「ジョブデポ」をご紹介したいと思います。 あなたは自分の転職に...
あわせて読みたい
就活サイトは複数登録したい。LINEで選考会応募ができるdigmeeとは?こんにちは、松本忠季です。 新卒の方々は、就活にどのようなサイトを使っているでしょうか。 おそらく、リクナビ マイナ...
あわせて読みたい
未経験からでもIT職に転職する方法こんにちは、松本忠季です。 あなたはIT職に転職してみたいと思ったことはありませんか。 「未経験だからどんなのか分か...
関連記事