就職

【体験談】プログラムの仕事が未経験でも年齢は関係ない話

こんにちは、松本忠季です。

 

「転職しようにも、年齢が年齢だしなあ。ましてや未経験分野なんて」と思ってる方は多いかもしれません。

たしかに若い方が転職しやすいですし、未経験分野での転職は、経験分野に比べて転職しづらいという現状はあるでしょう。

しかし、本当にそうなのでしょうか。

今日は「30代に入って未経験ながらプログラムの仕事に転職した」方のお話をご紹介しようと思います。

プログラムの仕事なら年齢によって採用が限られることは全くない。

プログラムの仕事に携わる場合、経験者ならともかく未経験の人は年齢によって採用が限られてしまうと誰もが思いがちです。しかし、そんなことは全くありません。実際に私は30代にはいって初めてプログラムの仕事を覚えました。

 

転職に前職、年齢は関係なかった

それまでは飲食店でずっと接客をしていたので、プログラムとは無縁の仕事をずっと行っていました。有るとき取引先のプログラマーから黙々と一つのことを集中してやる仕事が向いているといわれたので、一念発起してプログラムの仕事を覚えることに決めました。

 

結論から申し上げると、熱意があれば年齢など取るに足りません。面接時にはあまり年齢のことは聞かれませんでした。むしろどうしてプログラムの仕事をしたいのか聞かれました。

 

ずっとゲームが好きで、学生の頃は一日中はまっている自分がいました。プログラムの学校を出ていないので、最初からプログラマーになるのは無理だろうと勝手に思っていました。しかし、本屋でプログラミングの仕事内容を学ぶうちにどのようにパソコンを動かせばソフトが作られるのか感覚的にわかるようになってきました。そこからは自己流で勉強しました。

 

プログラムの自主勉強を半年間続けた後、内定を得る

朝から晩まで接客業で週1回しかまともに休みが取れなかったので、体力的にはしんどかったのですが、大好きなプログラムの仕事に携われるのであればと、実際の勉強時間はさほど苦ではありませんでした。

 

自己流の勉強を半年間続けて意中の会社に合格できたとき、年齢は関係なく、どれだけ情熱をプログラムの仕事に傾けることが出来るかに掛かっていると改めて感じました。今ではチームリーダーとしてスマホ向けのソフトを開発する仕事に取り組んでいます。まだ誰も携わったことがない画期的なアプリの作成なので、簡単ではありません。しかし半永久的に電子データは残り続けるため、物作りの醍醐味を味わえます。

 

前の仕事の合間に勉強して努力した結果このような素晴らしい仕事に就くことができて本当に良かったです。年齢を過度に意識する必要はありません。

転職に年齢は関係ない。必要なのは勉強時間と適切な転職プロセスのみ。

 

転職に年齢は関係ないんですね。

特に人手不足だと言われているこの時代、IT職はますます転職が活発になると思います。

 

こちらの方は独学で勉強をして転職できましたが、私としてはプログラミングスクールをおすすめしています。

お金はかかってしまいますが、分からないところをすぐ聞けるというのは非常に高い利点ですよね。しかも、「スクールに通っていた」ことは面接でアピールもできますし、最近では転職活動を支援したり、紹介してくれるスクールもあるようです。

 

下記にそのようなスクールを紹介しているので、よければ見てみてください。

あわせて読みたい
未経験からでもIT職に転職する方法こんにちは、松本忠季です。 あなたはIT職に転職してみたいと思ったことはありませんか。 「未経験だからどんなのか分か...

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事