新卒面接テクニック

就活の内定。どこでも良いは、1番良くないの話

みなさんこんにちは、松本忠季です。

本日は、就活でよく陥りがちな「どこでも良いから内定をもらいたい」という思考についてです。

 

就活の時ってついつい楽な方に流れがちですよね。

「どこでもいいから内定がほしい」

「どこでもいいからここも受けよう」

なんて思ってしまうことが多々あります。

 

しかし、実は「どこでも良い」という思考は、1番良くないんですね。ある程度「こだわる」必要があるんです。

「こだわる」事が根拠につながる

 

さて、一体なぜ「なんでも良い」よりも「こだわった方が良い」のでしょうか

それは、多少こだわることで、あなたの就活に説得力が出るからです。

 

具体的に説明しましょう。

 

例えば面接で「あなたは何を基準に就活をしていますか」という質問があったとしましょう。

そんなときにこだわりが無かったらどうでしょうか。

 

「なんとなく」

「すべり止めで笑」

 

このように答える人はいないと思いますが笑

こだわりがないと本心ではこのように思ってしまいがちです。

 

その結果、答えても当たり障りのないセリフになってしまいます。

 

しかし、こだわりがあるとどうでしょう。

「プログラムに関する職に就きたいから」

「人と接する職に就きたいから」

 

当たり障りのないセリフとはあきらかに違います。

ちなみに、この質問に対する答え方は下記を読んでみてくださいね。

就活で難しい、「他にも会社がある中でどうして我が社を志望したのですか」と聞かれたときの答え方

 

このようにこだわりを決めておくだけで、

 

  • あなたはなぜ当社を選んだのですか
  • あなたの志望動機はなんですか

 

といった質問に間接的に答えられるだけでなく、

「そういう基準があるなら、我が社でも頑張ってくれそうだ」

といった具合に、相手に期待を与える事もできるからです。

また、

 

  • あなたの就活の軸を教えてください。

 

という質問に答えられるのも大きいです。

 

少々でもこだわることでこのような効果を得ることができるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

あまりこだわりすぎても大変なので、適度にこだわってみると良いかもしれませんね。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事