新卒面接テクニック

就活で難しい、「他にも会社がある中でどうして我が社を志望したのですか」と聞かれたときの答え方

みなさんこんにちは、松本忠季です。

 

あなたは、「他にも会社がある中でどうして我が社を志望したのですか」と聞かれたとき、どのように答えていますか。

正直、困ってしまいますよね笑

 

明確に答える場合はいいものの、すべり止めとかで受けた企業の場合は困ってしまいます。

 

またせっかく答えても「そういう会社、うち以外にもあるよね?」と言われて戸惑ってしまうこともあります。

 

今日はそんなあなたがどう答えれば、相手が納得してくれるかを解説します。

就活の軸はなんですか?の問いを工夫すれば、答えになる。

 

さて、少し話は変わりますが、みなさんは「就活の軸はなんですか?」と聞かれたらどう答えていますか?

 

「プログラム関係で探しています」

「接客業で探しています」

 

こんな感じでしょうか。

実はこの質問に対する答えを工夫することで、「なぜ我が社」の質問に答えられるようになるのです。

 

就活の軸を3つ設定しておく

 

その方法は非常に簡単です。

就活の軸を3つ用意しておくという方法です。

 

そうすることで、「この3つに当てはまるのが御社しかなかったから」と答えられるようになります。

 

具体的に説明しましょう。

例えばあなたが電通に勤めたいとします。

 

であれば3つの柱は

  • 広告業界に携わる仕事に就きたい
  • 新卒の頃から働けて、成長できる環境が良い
  • 自分で作った広告を見てもらうなら、たくさんの人に見てもらいたい。それには大型案件に携わる必要があり、電通ではそれが可能だから。

 

このような感じです。

このように3つ用意することで、他者と被らないようにすることができます。

 

特に大切なのは3つ目。2つ目まではありきたりでいいのですが、3つ目は具体的でその会社しか当てはまらないような内容を書くようにします。

 

志望した会社にライバル企業があるのであれば、特に3つ目はその会社と被らないようにしましょう。

例では、博報堂とかと被らないように注意しています。

 

こうすることで、

「それは私の就活の柱が関係しています。私の就活の柱は3つあります。1つは〇〇。2つ目は……。このような3つの柱に当てはまる企業が御社だったからです」

と答えることができます。

 

他には志望動機から答えるのも手

 

これに加えて、志望動機も付け加えられそうなら付け加えてみましょう。

 

「それは私の就活の柱が関係しています。私の就活の柱は3つあります。1つは〇〇。2つ目は……。このような3つの柱に当てはまる企業が御社だったからです。また、志望動機でも申しましたように、これこれこういうところが魅力的なので御社を受けた次第です」

 

とすれば、理由としては、十分だと思います。

 

また就活の軸を使わなくても、志望動機が作り込まれていれば、「志望動機でも申した通り…」と答えるだけでも問題ないと思います。

 

志望動機を作りこむ方法は、下記リンクから確認してみてくださいね。

【超重要】志望動機の作り方

 

状況に応じて、「これは志望動機だけでいいな」「これは就活の軸があった方が説得力が増すな」といったように、どちらが自然で説得力のある答えか、ぜひ面接前に考えてみてくださいね。

 

本日はここまでとなります。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事