新卒面接テクニック

面接でなぜ落ちたのか。理由が分からない理由。

みなさんこんにちは、松本忠季節です。

 

あなたは面接で、

「これは合格したぞ!」

「不安だけど、まあ大丈夫だろ」

と思ったのに、メールを見たら「不合格」だった。

 

という経験はありますでしょうか。

 

 

私はあります(笑)

 

現在ではこの「面接の法則」というブログを運営している私ですが、お恥ずかしながら新卒の就活の時は「なぜ落ちてしまったのか分からない」という面接も数多くありました。

 

本日は、そんな「なぜ落ちてしまったんだろう」という面接の理由について、解説していきたいと思います。

理由は主に3つある。

 

さて、さっそくその理由なのですが、主なものには3つあります。

  1. あなたと似たタイプの人を採用してしまった
  2. 採用会議で通らなかった
  3. あなたの思っている大切な要素と相手が思っている大切な要素が違った

 

いかがでしょう。並べてみただけですが、「なるほど」と思うところがあるのではないでしょうか。

次の章から1つずつ見ていきましょう。

あなたと似たタイプの人に、内定を出してしまった。

 

これは本当によくあることなのですが、あなたと似たタイプの人を既に採用してしまったため、あなたを合格にできなかった場合です。

 

正直このパターンが1番多いのではないかな、と思います。

 

就活をしているときはそれを確かめる術がなかったのですが、入社してから「似たようなタイプの人を既に採用していたため、なくなく不合格にした人がいた」という事があることを知りました。

 

このパターンになってしまうと本当にショックですよね…。

 

ここから逆に考えると「就活は早めに動いて、競合が採用される前に内定をもらう」という戦略で動くと良いかもしれません。

 

採用会議で通らなかった

 

これは、ある程度大きな会社ですとあり得るかもしれません。

面接した人に、合否を出せる権限が無い時に起こりうることです。

 

つまり、面接自体の手応えも良く、面接官の自分としては採用したいが、採用会議や上司の判断の結果、不合格となってしまった。

というパターンです。

 

対策のしようがないのですが、ある程度大手を受ける際は、こういうこともあるんだという事を覚えておくだけで、心持ちは大分変わるかもしれませんね。

 

あなたの思っている大切な要素と面接官の思っている大切な要素が違った

面接官も人ですよね。

その面接官の中で「これだけは外せない」という要素があり、それを外してしまった時なんかに起こりうることです。

 

例えば、「仕事はやってみてようやく身につくもの。だが、勉強することである程度は想像することができる。この想像があるかないかだけで、仕事の身につき方が全然違う」

という概念をすごく大切にしている面接官がいたとします。

 

この面接官は、採用後はあなたの上司になる人です。上司としては「仕事は勉強も大切なので、しっかり学んで取り組んでほしい」と部下に願っているとします。

こういった人と面接した場合、「やはり仕事には勉強が必要だと思いますか?」という質問に対して、「まあ、1番はやってみて学ぶことですかね」と、大切な要素から少しずれてしまった場合。

 

こうなった場合は、上司の人も「ああ、だとすると望んだ動きはしてくれないかもな」となってしまう、といった具合です。

 

 

これも対策ができればいいのですが、正直「今日初めてあった相手の人が何を1番大切にしてるか」というのは、なかなか分かるものではありません。

 

そういう意味では「なぜ落ちたのか分からない」の理由の1つになりうるかもしれませんね。

 

ただ物は考えようです。例え採用されたとしても上司と考え方が合わない場合、あまり良い状態とは言えません。

そのような結果にならなかっただけ、良かったのかもしれませんね。

 

正直対策はできないが、次に進む気構えはできる。

 

以上3点いかがでしたでしょうか。

これら3点とも、自分の力ではどうしようもない外部の力が働いています。

 

そのため、

「なぜ落ちたのか分からない!何がいけなかったんだ…」ともやもやしながら次に進まず、

きっと似た人をとってしまったんだな」とか「考えが合わなかったんだな」とリセットして次に進むようにしましょう。

その方がきっと良い結果につながると思います。

 

ただし、「志望動機がちゃんと言えなかった」とか「ちゃんと会社について調べてこなかった」とかで落ちた場合は別です笑

反省できる点はしっかり反省して、次に進みたいですね。

 

 

本日は以上になります。

次回の更新もお楽しみに!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事